ニューヨークの365日

livinginny.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 28日

アイリーン嬢の引っかきキズ

f0009868_23195998.jpg

f0009868_23204934.jpg

f0009868_23211068.jpg

f0009868_2322538.jpg

f0009868_2329770.jpg

f0009868_23252222.jpgf0009868_23251829.jpg

黒いワンちゃんは3歳でこのサイズ!

f0009868_23255673.jpg

f0009868_23263351.jpg

WE READY IRENE!
f0009868_23301550.jpg
f0009868_23311032.jpg

f0009868_23313465.jpg
f0009868_23315980.jpg
ビレッジのアイリッシュバーはどこも満員だとか。。
f0009868_23314798.jpg

f0009868_23333049.jpg

f0009868_23383188.jpg

f0009868_23344942.jpg

f0009868_23362814.jpg

f0009868_085978.jpgハリケーンのアイリーン嬢のおかげで、みんな大変だった週末。
うちはボロいしイーストリバー沿いにあり強制避難地域だったので、
前日から何人かのお友達が家に避難したらいいよと連絡してくれて。。
こういう出来事があると、友のありがたみを心底感じます。

楽しみだった2つの予定も流れ、(なぜに週末に来るか?!)
朝から窓に一応、ガムテを貼って、電子機器を窓から遠ざけて、
午後には地下鉄が止まるってんで、慌ててバックパックに貴重品と
冷やし中華セットとアイスクリームを詰めてチェルシーに住む友達の家へ。

途中、同じ近所のカフェがオープンしていて皆、普通にお茶していた。
地下鉄は、避難する人々が結構いて、1ダースのお水、旅行用のカバン、猫の餌とトイレ、
花束、何故か便器のふたを持ってる人など。なぜ?

友達の家に着くと、バルコニーにあったガーデン用品を全部入れて大仕事だったわ~と。。
インテリアにこだわる彼女らしく、こんな時でも綺麗にセッティングしてあって心が和んだ。

f0009868_0142010.jpg
でも彼女はあまり心配していないみたいで、水も食料も普通どおりで、
2~3日食べられなくても断食だと思ってメディテーションしたらいいのよ~
(窓に飾ってある)ラマナ・マハリシがきっと守ってくれるわ。と、涼しい顔でパソコンに向かうの図↓↓↓
しかもペディキュア乾燥中・・・。避難するところ間違ったか?!

f0009868_0164870.jpgf0009868_017167.jpg
チェルシーでは、デリやドラッグストアで食料を買い込む人がいる一方で、
バーニーズのウェアハウスセールでブランド服を買い込む人も結構いた。。

その後は、食べたり、昼寝したり、DVD見たり、喋ったりしながらハリケーンを待った。
その間も何度か安否を気遣いあう電話がかかっていて、
こういう事態は面倒だけど、お互いを想い合うから、時々はいいかもね~と。

夜になってDVDでも見ようと出してきたのがQatsi trilogy!
しかも彼女もこの3年前の同じイベントに行っていたというのだから・・・何という偶然。
3作うち私が見てない「Naqoyqatsi(ホピ族の言葉で、互いに殺しあう命、日常と化した戦争、文明化された暴力という意)」を観賞。
フィリップ・グラスの音楽は変わらず良いけど、やっぱり最初の2作PowaqqatsiKoyaanisqatsiの方がいいということで。。
KoyaanisqatsiのHorseshoe Canyonの不思議なピクトグラムが印象的ですが、
なにより、Powaqqatsiの砂袋シーン(しかも長い)は今でも悪夢に魘されます。笑

で、本格的にアイリーン嬢が来る気配も無く、気がついたら朝4時・・・。
外にはコーヒー片手に余裕で犬の散歩してる人がいて、普通の雨の日曜。
一体、いつあの娘は来たのか?!

私はハドソンリバーはどうなってるのか気になり、カメラを持って出て行こうとすると、
友達から「折角ゾーンAから避難しているのに、またわざわざ対岸のゾーンAに行くって・・・」
と笑われつつ出掛けてみた。

川はほぼ満水だったけど、通常時を知らない自分にはよく分らないなぁと思っていたら、
ちょうどチェルシーで生まれ育ったという女性が、
こんなのは3歳の頃に見た以来で、かなりスゴイ出来事なのよ~と驚いた様子。
今回は言われていた程でも無く、アイリーン嬢も引っかきキズ程度で済ませてくれたけど、
ストリートの所々では浸水していて結構な被害だった。

でも、昼過ぎには晴れ間もさして、青空がすごく特別に感じた。
強風が残る中、チェルシー周辺では、午後からオープンしていたバーニーズの
セール袋を持っている人たちや、レストランでディナーする人などシティは通常通り。

アジアでも大型の台風がいっぱい発生してるし、明日は分らないので、
今後も気を付けつつ、悔いのない日々を。

f0009868_23433387.jpgwww.happyplace.comの記事
一般的なハリケーン時のすべきリストと、
ヌーヨーカー(愛すべきおバカ)の場合。
冗談じゃなく、その通りです。
[PR]

by rarara-121 | 2011-08-28 23:19 | 愛すべきヌーヨーカー


<< ベニスにて      フィレンツェの夜 >>