ニューヨークの365日

livinginny.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 02日

イルボッロ村の風景

f0009868_230230.jpg

さて、フィレンツェからバスで1時間ほどのところにあるイル・ボッロ村。
知り合ったイタリア人に「IL BORROに行くの」と言っても、何処そこ??って聞かれるくらい
知る人ぞ知る村のよう。

ファッションブランドのサルバトーレ・フェラガモの現会長が村ごと買って、年月を掛けて
ワイナリー作ったり、乗馬、ゴルフなどが楽しめるリゾート施設に蘇らせた村なんだそうです。

f0009868_235968.jpg
ワイナリーではいろいろ試飲させてもらったり
f0009868_10225720.jpg
猫も勝手に部屋に入ってくるし
f0009868_10243111.jpg
山に落ちそうなプールもあるし、サウナ&トルコ風呂もオシャレゴージャスだった。。
f0009868_231557.jpg
向こうに見えるのが泊まったヴィラ。
f0009868_23393.jpg

f0009868_353870.jpg

f0009868_355228.jpgf0009868_361043.jpg

スパやレストランなども、カントリー調でありながらも内装はモダンで、
従業員のイタリア人は皆、プロフェッショナルを感じる親切さと愛想の良さ!
日本並みかそれ以上に至れり尽くせりのサービスでした。
(ツーリステッィクな場所は擦れてる人も多いから)

古いカントリー・ハウスの外観はそのままに改装した宿泊施設は、インテリア雑誌に出てきそうなカンジで
シャンプーやボディクリームなどのアメニティも全部フェラガモ製品。
今回の旅で、いや今までの旅で最もラグジュアリーな宿。
私の部屋は2ベットルームだったので、バスルームも2人分ですんごい広かった。

f0009868_303080.jpg

f0009868_313193.jpg

f0009868_11335851.jpg普段お世話になっている方のワイナリーウエディングに出席するために来たのですが、
出席者側も、とてもスペシャルな体験をさせて頂きました。
この演奏者もずっとノリノリで、ディナーの最中もイタリア民謡を歌いまくって
すでに盛り上がってる場が、さらにやかましい感じで(笑)
まさにイタリアらしいパーティに。

でも、やっぱりどんな結婚式でも、ご本人とご両親の幸せそうな姿を見ると
毎回、胸がいっぱいになりつつ、またバカみたいに写真を撮りまくる私。
本当みんな良い顔してるから~。

それと同じで、観光地は好きじゃないけど、
観光地で嬉しそうに写真撮り合ってる人たちを見てるのは嫌いじゃない。
喜びの空気というのかな、そういう場に居合わせるだけでも
ちょっぴり嬉しい気分が伝染する。

料理は何皿も出てきて、味の詳細が思い出せません・・・。
でも美味しかったのは間違いないです。全部食べたから。^^
帰りは、イル・ボッロのワインを頂きました。

とにかく、夜は星がきれいだし、朝はニワトリが鳴くし、
いちいちセンスがいいし、自家製オリーブオイルやワインもあるし、居心地良すぎ。
やや疲れていた時だったので、ちょうどいいリラックスになりました。
ありがとうございました&お幸せに☆

次は一路ベネチアへ。
[PR]

by rarara-121 | 2011-09-02 03:16 | イタリア


<< 人生は美しく、もろく、儚い花の...      フィレンツェの自転車とご飯 >>