カテゴリ:Watertown( 2 )


2010年 03月 01日

夜明け前

f0009868_1561219.jpg
夜明け中のオンタリオ湖
[PR]

by rarara-121 | 2010-03-01 09:45 | We ♡ Watertown
2008年 08月 16日

Moon set を見たことがアルか

f0009868_13562617.jpg
その晩、私は一人とても忙しかった。
なぜなら前方には朝焼けが、後ろを向けば月がオンタリオ湖に沈むから。

友達の彼のコテージがあるNY州の北の果て、Watertownへ向けて
夫々、金曜シゴトを終えてから約6〜7時間かけてのドライブ。(私も運転してないから疲れない!)
Japaneseセンテンスしりとりをしながら到着したのは午前3時過ぎだった。

着いてから小腹を満たして休憩した後、皆と一緒に就寝しようとしたそのとき!
夜が明けてきてるじゃないの〜。ムリムリ、もう寝られないってば。

f0009868_1424916.jpg
前日のサンダーストームの余波で厚い雲が空を覆っており、朝5時を過ぎても暗いまま
おかげで、月がまるで太陽のように明るく水面照らしていた。

静かな湖畔とはまさにこのことか。(カッコーは鳴いてません...)
人の声や物音はまったくせず、風と波と木のざわめきしか聞こえない。
ゆっくりゆっくりと夜が明けていく。

f0009868_13232987.jpg
ゆっくりながらも、一秒ごとにすべての世界が変わっていくから
何度、露出を変えてシャッターをきったか分からない。自然は待ってくれないね〜。
ナショナルジオグラフィックの人は大変だな。
グリズリーが鮭を取る瞬間を何日間も待つとかね。エラいなぁ。

f0009868_11322775.jpg
そして、この短いショータイムの間にどれだけちゃんと撮れるか必死な私。
ぜんぜん誰にも頼まれてないのに。

もしも写真が趣味じゃなかったら、コーヒーでも飲みながら優雅に眺めているものを...
大嫌いなクモの巣にいっぱい引っ掛かってるのに、まったくもって気にならない。
これはもう立派なビョーキ。カメラホリックってことで。。。

f0009868_1293942.jpg

ほら、もう月が沈んでいくのに、どれだけ息を止めてもブレちゃう。
(三脚〜!!誰か三脚持って来てぇ〜!)

暫くして反対側を振り向くと、林の向こうではもうすでに朝日が昇っているのだろう
赤い太陽の光が雲を照らしている。

f0009868_13222846.jpg

さあ、日も登ったことだし寝るかな。
一日長かった〜〜。

毎朝こんな風景が見られるなんていいなぁ。
ところがこれが、朝だけじゃなかったりして。後半はまた後日・・・。
待ちきれない方は、SUPER THUMBSワールドへどーぞ。

f0009868_12101565.jpg

[PR]

by rarara-121 | 2008-08-16 11:39 | We ♡ Watertown