カテゴリ:ロンドン( 6 )


2010年 08月 27日

雨上がりのロンドン

f0009868_9394977.jpg
この写真は、8年前にモノクロのフィルムで撮ったものですが
昨年、FOTOSPHEREの栗田紘一郎さんの1日ワークショップに参加した時に素材として使い、
カロタイプによるソルトプリントという技法でマット紙に焼いたもの。

カロタイプは19世紀にタルボットというイギリス人によって発明された技法なのだそう。
で、ソルトプリントは塩化ナトリウムを紙に塗ってですねー、あぶり出しです。というのは冗談ですが、
昔なら日光で焼かなければならないところを、それでは何時間もかかるってことで、
栗田先生が自作した日焼けマシーンのような機械を使ってプリント。
それでもかなり手のかかるプロセスだし、一秒の差で濃度にものすごい影響するので、
たった2枚焼くためにすごい集中してヘトヘトになった。昔の写真がいつまでも褪せない理由が分かったよ。
(もうすでに褪せてるからとかじゃなくてね...笑)

栗田センセイの作品も、静寂と繊細さの中に深い愛情が伝わってくる素晴しい写真です。
詳しくはインタビューで。

* * * *

当時の手帳を読むと、私はかなりロンドンに退屈していた様で、内容も皮肉っぽいしテンション低い...。
でも、特に目的や志もなく、ロンドンに対して勝手に何かを期待していた
いわば受動的な自分が甘かったなと、8年後の今ならよく分かる。(苦笑)

この旅自体も、忘れていた貯金が見つかったところから始まったという実にいい加減なもの。

つづきを読む
[PR]

by rarara-121 | 2010-08-27 21:10 | ロンドン
2010年 08月 27日

シロクロ

f0009868_1151350.jpg
f0009868_11503428.jpg
短期間だったけど、ロンドンに滞在してみて日本と近いような気がした。
も、もちろん、全然違うのだけどね。。。汗

例えば、電車の中では皆ちゃんと本や新聞を読んだりして大人しくしているし、
変な人もクラブとかそういう場所じゃないと見かけない。

つづきを読む
[PR]

by rarara-121 | 2010-08-27 04:23 | ロンドン
2010年 08月 25日

Antique etc...

f0009868_11415835.jpg
Angel Antiques Marketのクマちゃん
全く価値が分からず撮ってきたのですが、アンティークのテディベアの収集家に見せたら
なにやらとても興奮して名称を言ってたけど忘れてしまった。

暇に任せて私と友達はロンドン中のマーケットを行き倒していた。

つづきを読む
[PR]

by rarara-121 | 2010-08-25 12:50 | ロンドン
2010年 08月 20日

Market etc...

f0009868_91134100.jpg
ロンドンのファーマーズマーケットは、こんなカンジです。
っつったらロンドンの人怒るね。笑
でも、マーケットで売れ残った商品をこんな風に並べちゃうところが好きだ。

f0009868_9115513.jpg
テーブルサッカーゲームに本物のボールが入って壊れてる図。どんだけ好きか。


f0009868_8103387.jpg
スピタルフィールズ・マーケットにいた、
もじゃもじゃの毛に紫のファーがグラムロックなわんこ☆

スピタルフィールズマーケットは、若きデザイナーやクリエイター達の登竜門と本に書いてあって期待大だった。大きな倉庫みたいな場所に、作家のアクセサリーや服、どうやって使ったらいいのか分からないオブジェ、パンやケーキなどのストール(露店)もあってカオスな雰囲気はよかったけど、何度通っても買いたいと思うものがなかった。

それよりも、ここから程なく近いところにあるショーディッチにはベスパ専門店やギャラリー、相当変わっている古着屋の兄ちゃん、貝殻のカーテンや流木のインテリアの店など、人も多くなく雰囲気のある小道を歩くだけで相当楽しい。

つづきを読む
[PR]

by rarara-121 | 2010-08-20 09:12 | ロンドン
2010年 08月 18日

English Rose

f0009868_829556.jpg
リバプール駅からわりと歩いたところ、
コロンビア・ロード・フラワーマーケット付近にあるヴィンテージショップのお姉さん。
(2002年旅の手帳より )

もともとは独り暮らししたかったのと、旅もしたいという欲張りな希望があり
じゃあ海外に住めばいいんじゃ!?という、すごい安易な考えで
ならもうロンドン以外に考えられない!と、3ヶ月間お試しで安宿暮らしをしていた頃の写真。

普通のカメラを使っていた時だったこの写真と
今の一眼レフの写真とを比べても、まったく代わり映えがしないので
改めて、私にとって一眼レフはオーバースペックなんだなと....。早くコンデジ買おっと。


↑動画ファイルが見つかったのでアップしてみました。
(カシオの初代EXILIMで撮影。当時、デジカメでMP3が聞ける!という宣伝文句に釣られた私)

ここは、お友達に連れて行ってもらって、一番好きなマーケットになった。
値段の安さも他のマーケットに比べてかなり安く、とくに旬の花は6〜10株で1ポンド!!(←8年前の話)
その他のポット類やブリキのガーデニンググッズも驚くべき値段で種類も豊富、
ここでやっと“イギリスにいるんだなぁ”と実感しました。
だみ声でおっさんが花を叩き売る姿もステキです。マーケットはお昼2時まで。

このマーケットの周辺のパン屋さんやサンドイッチ屋も美味しいし、その他のアクセサリーや服屋さんも
ロンドンのセンターよりも可愛くてオススメ!!
このマーケットからショーディッチへも歩いて行けるので、
午前中マーケットで午後からショーディッチというコースがいい☆

などと、興奮気味に手帳には書いてあった。
パン屋とサンドイッチ屋がどう違うのか?!と8年前の自分に聞いてみたい。

ホクストンとかショーディッチと呼ばれてる一帯は、NYで言うところの
ロウアーイーストサイドとかベッドフォード的なおしゃれさんエリア。
でも何かがビミョーにゼンゼン違う。

あー懐かしいなぁ〜
って、ホントは今そんなことをしている場合じゃないんだけど
回顧録(現実逃避)の旅はつづく・・・か?
[PR]

by rarara-121 | 2010-08-18 09:08 | ロンドン
2010年 03月 25日

Strait of Dover 2000

f0009868_1155734.jpg


2000年頃に初めて買ったデジカメで撮ったドーバー海峡。(言わなきゃわからねー)
カシオの世界最薄デジカメEXILIMはたったの124万画素だったけど、
ムービーも撮れて音楽も聴けてルックスは今でもクールだと思う。
[PR]

by rarara-121 | 2010-03-25 00:52 | ロンドン