カテゴリ:ごはん( 27 )


2012年 05月 25日

おそるべしガラムマサラ

f0009868_156257.jpg



先日、アッパーウェストサイドの友達を訪ねに行く途中、フリーマーケットに立ち寄りました。
毎週日曜に学校の校庭と校舎内が、パンや食料品からカワイイお洋服やらアンティーク雑貨、インテリアなどが売られる楽しい市場になっていて、写真はたっくさんのハーブ・スパイス&コーヒー・ティーリーフが売ってる「spiced and tease」というお店。

緑茶とルイボスとドライのパパイヤとパイナップルが入ったトロピカルフレーバーの"Mayan Secret Green Tea"というお茶とガラムマサラを買いました。ガラムマサラは、いつもヨガの先生が作ってくれるマサラティーがなんとも美味しくて、自分でも作ってみようと思って買ったわけです。隣にいた女性も、お肉にまぶしたり料理にちょっと混ぜるとすんごい美味しくなるのよね~なんて言ってました。

買う時に袋入りか缶入りか選べるんですが、とりあえず自分用だしと思い、袋入りにしました。
家に帰って、フルーツをいつも置いておく器に何気なくガラムマサラを置き、
その隣にリンゴを置いておいた2日後。。。ガラムマサラ味のリンゴになっていました。。。
朝からカレー風味のリンゴだよ~。涙

恐るべしガラムマサラ・・・名前からして強そうだけど、ヒンディー語でガラムは暑い/熱いという意味で、
マサラは混ぜ合わせたものという意味なのだそうです。
このお店のガラムマサラには、コリアンダー、カルダモン(インド・タミルナドゥー州産!)、
ベイリーフ、ペッパー、シナモン、キャラウェイ、クローブ、ジンジャー、ナツメグがブレンドされているとのこと。

ガラムマサラティーは、チャイのようにブラックティーと一緒にガラムマサラを煮出して
ミルクを加えてお好みでお砂糖を入れるのが一般的のようですが、
ヨガ先生のは、フレッシュなジンジャーをお湯で煮だした後にガラムマサラを加えただけのシンプルレシピ。
スペシャル・デーには、それにチョコレートを加えてくれるので、スイート&スパイシーで
ヨガの後だと幸福感が増大します。(ドラッグ?! )

f0009868_2574110.jpg
その後、マーケットから数ブロック上に歩いたところにある
ビーガンカフェ「Blossom」で友達とブランチ。
写真は、ビーツとパイナップルとジンジャーと洋ナシがミックスされたフレッシュジュース"Pink Lady"。ガラムマサラは入ってません。。

そういうわけで、
アッパーウェストサイドに遊びに行くのは晴れた日曜日がベストっていうことと
ガラムマサラは缶に入れて、フルーツとは離して置いておくべし!というお話でした。


アッパーウェストサイドのマーケット
359 Columbus Avenue(Bet. 76th S& 77th Sts.)
グリーンマーケット&ハンドクラフトのストリートマーケット
Columbus Avenue between 77th & 80th Streets
自然史博物館の横

[PR]

by rarara-121 | 2012-05-25 01:29 | ごはん
2012年 05月 10日

宴のあと・・・

f0009868_5383813.jpg
なかなか話がインドに戻れません・・・

手前にあるのはドライのマルベリー(桑の実)。
トルコでは大昔から食べられてて、それがヨーロッパやアジアにも広まったんだとか。
だからか、中近東・ヨーロッパ系の人たちは懐かすぃ懐かすぃ言って食べてました。
とくにホワイトマルベリーは独特の甘味があって、シリアルに混ぜたら美味しそう~。
栄養価もかなり高いとか。

タッカー・ロビンス氏主催のアフガニスタンデザイナーをフューチャーしたイベントだったのですが、
とりわけZarif Designの服が、伝統的なアフガン生地とアラブ文字を使ってモダンにデザインされていて、
ジャケットのデザインもさることながら、カットの美しさにうっとり。
神わざのような技術に全身が溶けそうでした。


明日こそインド・・・かな?
[PR]

by rarara-121 | 2012-05-10 06:27 | ごはん
2012年 05月 04日

ジャーマンベーカリー&バー Landbrot

f0009868_2345441.jpg
f0009868_2345730.jpg

ちょっと話をインドからNYのドイツに戻しまして・・・

ウェストヴィレッジにあるジャーマンベーカリー&バー「Landbrot」は、
まさにカフェとバーが一体化した感じで、値段も雰囲気もカジュアルでよかったです☆
アルコールはワインともつろんジャーマンビア~。

German Herring Salad は、典型的なドイツ料理だそうで
ビーツとポテトとピクルスの上に、ワイン漬けのハーリング(ニシンの酢漬けマリネ)が乗って
サワー&クリーミーなディルソースがかかっててすんごい美味すぃーーー!

BRATS DOGS(ホットドッグ)のパンとソーセージは美味しかったけど、
マスタードが鼻にツーンきて、ワサビみたいなのでご注意ください。
これがドイツのマスタードなの?って聞いたら、友達はうっすら涙を浮かべてNo!no! 笑

Berlinerもドイツの名物菓子パンで揚げパンにジャムが入ってて、懐かしい味。
チャイティーには、かわいいチョコチップクッキーがついてきた。
プレッツェルはまた今度。

「マルコヴィッチの穴」の7と1/2階みたいな中二階スペースがあって
フロアを上から眺められる席がいい感じでした。トイレもそこです。
(天井低いけどかがむほどではないなのでご安心を)

f0009868_10122276.jpg

みんな帰りにパンを買っていくので、私もつられてクロワッサンを買ったら店の人が、
半分に切ってバター塗って焼いて食べるとウマさ倍増よ~!と力説。
クロワッサンにさらにバターですか?!すごいな~アメリカ人は。。と思いつつ、翌日食してみたところ、
あの独特なバター感がかなり控えめだったったので、それぐらいでちょうど良いことが判明した。

ドイツ人曰く、Berlinerも本場のよりオイリーじゃないそうなので、おそらくここのベーカリーは、
健康志向なニューヨーカー向けかと思われます。
きっと・・・たぶん・・・

Landbrot
137 7th Ave. South
(bet. Charles St. & W10th St.)


[PR]

by rarara-121 | 2012-05-04 02:33 | ごはん
2009年 02月 17日

真夜中のたこパー

f0009868_4255957.jpg
写真は、キムチたこ焼き。
いつもの鉄人宅にて、例によって夜中からはじまるパーテー。

すべてが今さらだけど、新年会、私ともうひとりの鉄人の誕生日会、
そして新しいルーミーの歓迎会も兼ね、 (兼ねすぎて意味がなくなっている)
大阪から5000円もするタコ焼き機を買ってきた鉄人のおかげで実現した『たこパー』。

バイブラフォン奏者であり、たこ焼き名人でもあるミカちゃんを含め
関西出身が3人もいたので、すべてはお任せ。
K君が絶対なる自信で奨めてくれた『柿ピーたこ焼』はさておき、
キムチ入りや、ソーセージとチーズのたこ焼など、大変大変美味しゅうございました!!!
みんなで、たこ焼きのベンダーやったらいいよ。ホント。

話は変わって。
あのー、言い忘れていましたが、先月35歳(!!)になったんです。
35歳といえば、釈迦が悟りをひらいて仏陀になった歳だから、
私もなんか開こっかなぁ~なんて鉄人に話したら、「ポテチの袋とか?」とのこと。
・・・そ、そうだね、何味にしよう。んーーー、やっぱSalt&Vinegarかな。

味はともかく。
先月は愛すべき友からの祝辞、プレゼント、お食事、手作りケーキやら、
日本からの愛が詰まった贈り物など、今思い出しても幸せ一杯であります。
ありがとうございますた。もっとマシな35歳になれるよう努力します。
[PR]

by rarara-121 | 2009-02-17 09:40 | ごはん
2008年 01月 27日

Danal

f0009868_14523413.jpgヨガの雅子さんと「Danal」ブランチ♪
5th Ave.に店舗が移ってからは初めて。以前のフランスの古い小屋みたいな雰囲気もよかったけど、さらに広くて明るくなって相変わらず居心地の良いお店でした。

初めて連れていってもらった時、私はかなり酷い二日酔いだったのにも関わらず雅子さんが美味しいって言ってた「クロワッサンのフレンチトースト」を食べて依頼、中毒なってしまい、いっつもそればっか食べてました。(今、こうして書いてるだけでも震えが...)

でもこの日はかなりの勇気を出して、ランチスペシャルに。
デザートは中がとろけるチョコレートケーキ。おいすぃかったぁ。
でも次回はまたフレンチトーストにすると思う(重度の中毒患者)

Danal
59 5th Ave
tel. 212-982-6930




昨年の秋から雅子さんヨガに真面目に通うようになり、
その日の体調に合わせてリクエストも聞き入れたポーズを教わるコトができるし
夜は(いつも以上に)ぐっすり眠れてエエんです。

毎回、お会いするといろんな話題で話が尽きないのですが、この日話題に出た、
雅子さんが数年前にハマっていたというサイトが面白かったのでご紹介。
(画面下で日本語も選べます)

Osho
http://www.osho.com/

タロット、やってみたけどズバリ的確でした。
塔が崩れたり、人が吊るされてたりするタイプのカードじゃないから怖くないし、
含蓄のある文章なので、ちょっとした説法を聞くような感覚でどーぞ。
[PR]

by rarara-121 | 2008-01-27 07:47 | ごはん
2008年 01月 21日

合同誕生会

f0009868_13272761.jpg週末はずーっと偶然にも呑みが続いていて
何となく二日酔いの日が続き、最終日は軽く全身麻酔状態に。

この日は昨年同様、鉄人宅で私と、もう一人の新しい鉄人との合同誕生日会・・・にかこつけた鍋会が深夜から行われました。

2種類の鍋を作って、1つはニューアメリカンの鉄人がレストランで使用している「クラムストック(貝の出汁)」ベースの鍋。
どんだけの貝を使ってんだっていう魔法のスープに、分厚いサーモンをしゃぶしゃぶして、半生状態のままポン酢につけて食べるわけですよ....。
ほんとね、私にも誕生日があって良かった〜って心底両親に感謝しました。

もう一つは「薬膳豆乳鍋」。チャイナタウンで買ってきた高麗人参やくこの実など何種類かの乾燥した怪しいモノを豆乳に入れた鍋(嫌がらせじゃないよ)。これは私が作ってみたんだけど、なかなかクリーミーな優しい味で美味しかった。(よね?みんなっ?!え?ナニ?)

そしてそしてメイン酒は、meixiさんが日本から持参してくれた
長野の地酒限定出荷 朝しぼり 出品貯蔵酒」。
信濃新聞のラッピングがエコでなかなか渋いんだ。味はスムースでやや甘め。
ワインに近い味だったけどそれより飲みやすくてヤバかったです。多分コレ10本は軽く空くわ。

meixiさん、ありがとうございました。みんなで長野の味を楽しんだよ!
(頂いてから1週間、一人で飲むのはもったいなかったので我慢してたんです)
それから準備してくれた鉄人のお二人さま、仕事があるにも関わらず
午前中から買い出し&後片付けまでしてくれてありがとう。
ルーミーのミカちゃんもありがとう。

夜中から鍋食べて、午前3時にケーキ食べて、6時頃まで喋り続けて
みんな次の日の仕事が大丈夫だったか心配です・・・。

かくいう私は「Martin Luther King, Jr. Day」にのっとり、三日続いている二日酔いを癒すべく
部屋で昼過ぎまで寝てたところ、韓国人の友達からの電話で起こされた。
夕飯を一緒に食べるから彼女の陣地アッパーウェストに来てとのこと。
昨年までコロンビア大の学生だった彼女は、アッパー○○に疎い私をいつも案内してくれる。

f0009868_1359568.jpgこの日はファンシーなチャイニーズレストラン。
内装も赤と金とか福とかじゃない、「男達の挽歌2」でチョウ・ユンファ兄貴が床に落ちたチャーハンを拾って食べるような店じゃなくて、小綺麗な店なんだけど、メイン料理1つオーダーする毎に、ホームメイドワインのカラフェが無料で付いてくるという驚きのサービス!ヤスイヨ〜。ナンカ、オカシイヨ〜。


その後は彼女の行きつけのバーに行って、
1パイントはあるマンゴー味のフローズンマルガリータ($6!!)を飲みながら
もう何の話をしていたのかも思い出せないけど、笑う度に乾杯しては飲み、
また笑いカンパイそして飲みを繰り返していた思う。
飲む度に乾杯するのは韓国の習慣で、乾杯しないと相手の恋人運が落ちるらしい....ホントか?

電車に乗ったら頭がグルグルして、微睡みの中でいろんなことを思い出しながら家路についた。
当然、翌日はRedBullのお世話に・・・。

f0009868_1351053.jpg
もうね、誕生日なんて全っ然うれしくないけど、
美味しいもの飲み喰いする口実にはちょうどいいよね。
次回は3月に合同結婚式 合同誕生会ってことで四露死苦。


Columbia Cottage 哥大小館
1034 Amsterdam Ave (corner of 111th Street)
tel. 212.662.1800

[PR]

by rarara-121 | 2008-01-21 13:28 | ごはん
2007年 09月 01日

D.O.C. Wine Bar

f0009868_5404670.jpg
いつも、食べることと話すことに集中してしまって、
(この写真も少し食べた後に気がついて撮ってるし...)
ブログのネタにならないことが多いのですが、今日の店は超オススメ。


気がつけばもう9月だったんですね〜。
ニューヨークは雲一つない晴天の3連休中。

久々のネタは、前回のウィリアムズバーグにある公園から1ブロック歩いたところにある
イタリアンワイン・バー「D.O.C. Wine Bar」。
随分前から気になってはいたんだけど、やっと昨日、友達と行ってきて
もっと早く行けば良かった〜ってちょっと後悔するくらい良かった。

イタリアのサルディーニャ地方のワインと料理を出していて、
週2回イタリアから食材を空輸しているって言うじゃないの〜。奥さん!
D.O.C.という店名は、イタリアの中でも特に高品質なワインの製造法の名称だそう。

店内はヨーロッパの田舎の家庭的な雰囲気で、居心地がよくてロマンチック♥
私たちの話題は全然、ロマンチックじゃなかったけどね(笑)。

もちろんワインリストも充実していて、どのワインもほとんど
ショット・グラス・ボトルで出していて気軽にいろんな味が楽しめるのがうれすぃ。
あんまり種類があるから迷うけど、店の人が気軽にリコメンドしてくれます。

料理もオイリーじゃなく素材の味が生きてて美味しかった。
モッツァレラはすっごいフレッシュでミルキー、バケットのもっちり感もパーフェクト。

f0009868_5434711.jpg

サラダをオーダーしたら、生ハムがフタみたいになってる中に
これまたフレッシュなチェリートマトやオリーブなどの野菜類キノコ類がどっさり。
横についてるぱりぱりのクリスピーブレッドに乗せて食べてみると
何だよこれ、美味しいじゃないかっ!ワインと合うように、よ〜できてあるわ。

しかもお皿やボールがアルミ製なのがまた素朴でカワイイ。
大人になってもガーリーティストが好きな女性にはたまらない店であります。

話しながらゆっくり食べてたら、もうこの2品で十分満腹になっていました。
が、私が3品目を既にオーダーしてしまっていたので
食いしん坊な私は食べて、友達はお持ち帰り。
全部美味しかったし、何よりイタリアンでもヘルシーでしかも安いわよ〜。奥さんっ!
と、かなり大満足なディナーでした。

ここは主に軽食メニューですが、
パスタをガッツリ食べたい時は、ここのオーナーが別で経営する
「PT Restaurant」もいいかも。

久々の友達との楽しい一時。
どこにいたって、美味しい料理(酒)と
気の置けない友達がいるってことが一番幸せだなぁ。

ぜひぜひ、公園とセットで行くと満足感も倍増です。

f0009868_5212346.jpg


D.O.C. Wine Bar
83 N 7th St. Brooklyn, NY 11211
(718) 963-1925
※キャッシュオンリー
他にオススメはサラミとかデザートのティラミスも美味しいらすぃので、
また次回のお楽しみ。ムフっ。

[PR]

by rarara-121 | 2007-09-01 04:30 | ごはん
2007年 08月 02日

鉄人のバースディ

f0009868_385864.jpg
7月某日 鉄人のバースディパーチー
いつもお世話になっている隣の鉄人(寿司)の誕生日当日、
鉄人(焼)と私とKさんで、屋上にてささやかな七輪焼き肉パーチーを開きました。
背景の夜景はゴージャスですが、私たち自身はガスが止められた家、ないしは昭和初期のよう。

まぁ、見た目はさておき...、焼きの鉄人がコリアンタウンで
上物のカルビ肉をどっさり買ってきてくれ、下味もつけておいてくれてgood job!!
流石は焼き物を得意とする鉄人だけに、カンペキな焼き加減で皆にサーブしてくれました。

BDボーイ(?・・・ボーイとしておこう)の鉄人は、映画とゲームが大好きで
ちょっと天の邪鬼で変わってますが、この家で最も頼りになる人。
どのくらい頼れるかって、無人島に放り出されても、衣食住、まったく問題無く暮らせるくらいにです。
でも、天気の話は嫌いです。

話のストライクゾーンも幅広いので、(不名誉なことに)不思議ちゃんと呼ばれる私の
日々の疑問、下らない話題、愚行にも真摯に向き合ってくれる数少ない友人でもあります。
でも、うっかり「今日は天気がいいね〜」なんて言ってしまうと叱られます。
つまらん話はするなってコトなのでしょうか。まぁ、そんな人なんです。

この日、バースディケーキのプレートには「東郷さん、お誕生日おめでとう」と
書いてありました。もちろん本名は東郷ではないけれど、ニヤリとして喜んでいる様子。
ケーキも美味しくて、やっぱり苺ショートが一番だなぁと皆でしみじみ。

f0009868_3915100.jpg
そして、屋上焼き肉の宴が終わった0時過ぎ。
ニューアメリカンの鉄人が仕事から帰ってくるや否やもっすごい勢いで、
(普段は帰ってくるや否やビール3本は水替わりに軽〜く開ける彼ですが...)
魚料理2品とソフトシェルクラブのコーンクリームがけを手早く作ってくれて、宴再開。
とくに、レモンの爽やかな風味がきいたサーモン(右上)が新鮮な味で美味しかった。

f0009868_393066.jpg

肉の後に魚、和食の後に洋食。一晩に両方堪能できて、サイコーに幸せな夜でした。
これも鉄人の日頃の行いのおかげ。

鉄人ことD・東郷さん、お誕生日おめでとうございました。
[PR]

by rarara-121 | 2007-08-02 03:19 | ごはん
2007年 07月 29日

おいしかった〜

f0009868_155034.jpg

あ〜やっぱり料理の写真は難すぃ・・・ご勘弁を。

普段控えているせいか、たまに無性にドッシリした肉が食べたくなってやって来たのが、
トライベッカにあるLandmarcという、カジュアルなアメリカンレストラン。
最近はタイムワーナーセンターにも店を出しているそうです。
キッズメニューもあって、週末の夕方はファミリーが多く気が抜けてていいカンジだった。

ステーキは、写真では全っ然伝わらないけど(苦笑)、肉厚で大きくて柔らかくて・・・
ん〜〜今思い出してもたまらんっ!
しかもこのベアルネーズ・ソースが美味しくて(チーズが入っていたような気がする)、
どっさりついてくるレタスにも相性がよかった。
他にもソースの種類があったので、2つくらい頼んで違う味で楽しめたなぁ〜。なんて。

その他の料理は、サーモンタルタル、クリームスピナッチ、シュリンプリゾット
どれも離乳食みたいに柔らかいものばかり・・・。
タルタルはイマイチ、リゾットとスピナッチはそつなく美味しかった。(偉そ〜〜)
日替わりパスタとかムール貝、オムレツとかメニュー種類は豊富で、
グラスは無かったですが、ワインの種類も多くてお手頃だったのでよかったです。


f0009868_14504457.jpgその後、たらふく食べた罪悪感から、トライベッカからソーホー、ノリータと散歩。

でもいつの間にか目的は、デザートでアイスを食べにCiao Bellaを目指す方向へ。ここのジェラートは、サイコーですかーー!!!サイコー!サイコー!ってくらい美味すぃ。
スーパーでも売られていて、全米展開もしているんだけど、この小さな店で友達と2種類ずつ買って、いろんな味をシェアするとエエです。

ジェラートはリッチなのに後味サッパリ、ソルベは果汁たっぷりで・・・ん〜〜〜たまらんっ!!

と言いつつ、つい入ってしまったのがPinkberryというフローズンヨーグルト専門店。
噂は聞いていたけど行ってなかったので、初めて食べてみました。
ん〜、確かにサッパリしてて美味しい。でも何ていうか、
ヘルシー志向なニューヨークの人に受けるのもよく分かるけど、
無脂肪、低カロリーの食べ物ってやっぱビミョー・・・デザート食べた〜って満足感が薄い。

このフローズンヨーグルト店のすぐ横には、例のライスプディングの店RICE TO RICHES
この店の写真と言えば、なで肩のアイツ(アイツを見る >>)
そこから北へ2ブロック先にジェラートのCiao Bellaかぁ。
スイーツ好きにはたまらないエリアです。

冷たいスイーツ繋がりで、最近めっちゃ美味しいと思ったのは
会社の上司に教えてもらった、ワインのソルベ
確かにすごいワインの味がして、アルコール類がダメな鉄人は酔いそうって(笑)。
でも高いっ。その値段のワケは、1カップずつオマケでついてくるマグネットのせいだと思う。
鉄人家でブサイク写真コレクションの貼付けに活用されています...↓↓↓

f0009868_8342194.jpg



問題:写真中、青いジャンパーを着て始球式をしている女性は誰でしょう?


Landmarc
179 W Broadway NY, NY (Cross Street: Leonard Street)

[PR]

by rarara-121 | 2007-07-29 01:04 | ごはん
2007年 02月 18日

JUNK in Williamsburg

f0009868_16441512.jpg
ブルックリンのウィリアムズバーグにある、DuMont BURGERにて。
サイドのオニオンリングがものすごい存在感で、ハンバーガーが小さく見えますが
ボリューム満点です。女の子はミニサイズがいいかも。
ブリオッシュバンズとジューシーなパティが uhh... yummy!!

最近、この近所に引っ越した友達と久々にウイリアムズバーグ探索をした。
まずは腹ごしらえということで、以前から気になっていたDuMont BUGERへ。
午後3時だというのに、狭いバーのような店内にはお客さんが一杯でオーダーしてから
しばらく待たされたけど、店の人がとてもナイスで良かったし味もパーフェクト!
ブルックリンは大抵どのお店も気さくな人が多いところも好き。

ジャンクフードで満足した後は、いつものジャンク(よく言えばヴィンテージ...か?)巡り。
もちろん、ウィリアムズバーグにはオサレなショップもいっぱいあるけど、
今日はジャンクつながりで、Bedfordから一本東側にあるDRIGS Streetにある
ジャンクな一角をご紹介。

「Buffalo」という全米各所にチェーン展開している古着屋さん。
古着だけじゃなくてわりと最近のブランドの新しい服も多いので、
点数は少ないけどBeacons Closetより少しマシな服が置いてあります。

そして、そこの隣の半地下にある「JUNK」はまさに
ゴミの山から宝探しゲーム!! 衣類、古本、レコード・CD、写真、雑貨、家具etc...。
とくに家具類は、探せばカワイイのがあるし何より安いっ!(服は期待できませんが)

DRIGS St. × N.9th・・・ガラクタ好きにはたまらない一角です。

f0009868_1730932.jpg



ダイナーにありそうなキュートなイスが39ドル。
他にも、ファニチャー系は結構良いものが揃っています。

[PR]

by rarara-121 | 2007-02-18 16:51 | ごはん