ニューヨークの365日

livinginny.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 24日

マクロビお菓子教室

f0009868_9252890.jpg
*クリックするともう少し大きく見れます。
(写真はイマイチだけど、実物はすっごい美味しいです!)

ヨガ友のなっちゃんこと奈津子さんのマクロビお菓子教室に行ってきました。
生徒の皆さんは真剣に制作の過程を見て質問したり、クッキーを作ったりして
和やかな雰囲気の中、私は授業うわの空で、キモオタカメラマンのごとく
なっちゃんを撮ってばっかでした...。私、写真教室に行った方がいいかも(汗)。

奈津子さんは、日本では東京農大で学び管理栄養士さんの資格もあり、
ボストンとニューヨークでもマクロビやビーガンのクッキングスクールを卒業した、
筋金入りの健康料理の鉄人!
今は、マクロビレストランのSouenでデザートシェフとして活躍しています。

f0009868_1624384.jpg奈津子さんが作るお菓子は、砂糖を使ってないとは思えないくらい、ちゃんと甘みもあって、それは優しいやさしいぃ〜味なんです。全然ヘビーじゃないし、嫌みのない美味しさには彼女の人柄そのものが出てるんだなぁと思います。

(頑固なジジイが作るおせんべいはやっぱり固いし、旦那に堪えかねてる奥さんが踏んだ葡萄酒はアレだって言うし...
まぁ、せんべいはもともと固いよね...)

マクロビとはいえ、無理せず美味しく食べるのが奈津子センセイの基本なので
不健康でわりとジャンク好きな私にも美味しく食べられるのだと思います。

今回作ったのは、
☆ ゼリー風ラズベリー寒天
☆ バナナ・ピーカン・マフィンとカボチャ・マフィン
☆ ソーダ・ブレッド
☆ ココナッツ・クランチ・クッキー

どれもほんっと、ほんっと美味しかったですけど、私は一番クッキーが好きでした。
できたてクッキー食べたのは、中学校以来かも?
あとは、2つの舌触りが楽しめるラズベリー寒天も爽やかな味。
こちらは、完全GFCFなのでアレルギーの人も安心だそうです。

家ですぐにできそうなシンプルなレシピばかりで、普段お菓子作りしない私でも、
これならできそうかなぁという予感がしました。予感がね。

f0009868_935318.jpg材料もWhole spelt flourっていう古代小麦(スペルトフラワーって何ぃ?)、soymilk、メープルシロップ、ブラウンライスシロップ、Safflower oil、寒天 etc...なるべく身体に優しい素材で作っているので、子供さんなんかにもいいわよね〜。ねぇ奥さん。
白い粉でハイになるよりずーーっといいわよ〜。

その上、ランチにはなっちゃんが前日にこしらえてくれた、マクロビランチ付きでした。左の写真の手前にあるのが、ソーダ・ブレッドで味噌(あまり味噌の味はしません)や豆腐が練り込んであって甘くないシンプルな味なのでおかずのお供にぴったり。なっちゃんのレシピには、ディップをつけても美味しいと書いてありました。

chic peaのサラダも卵を使わない豆腐マヨネーズで味付けしてあって、お腹にドーンとこないし、チリビーンズもキンワのサラダも美味しかったよ〜。(ってか『キンワ』って何ぃ?
なんにせよ、今回は初めて聞く単語が多くてですね...(汗)。



生徒の方々はさすがに料理やってる方が多くて、美味しい玄米の炊き方を教えてもらいました。
ブラウンライスにスウィート・ブラウンライスを少しミックスして炊くと
ボソボソ感が減って美味しいとのこと。早速、奈津子センセイ
オススメ銘柄『LUNDBERG』の米を買ってきて作ってみました。
私の大好きなモチモチ感が出て今までで一番美味しくできたよ〜!!

f0009868_16251679.jpg
奈津子センセイ、ありがとうございました。
ココロとカラダのヨロコブ料理研究室
sweet and savory


【後日談】
この翌日、奈津子センセが手作りの蒸しケーキを持ってきてくれました。
ちょうど雪男宅に遊びに行っていたので、みんなで食べました。
その様子はコチラ>>『猫又新聞』
[PR]

by rarara-121 | 2008-02-24 09:44 | 奈津子センセイ♪ Cooking!


<< コーエン節とゴンドリーワールド      フィデル・カストロ国家評議会議... >>